男性

カルバンクラインのボクサーパンツで大事な場面をセクシーに決める

このエントリーをはてなブックマークに追加

こども用も有り

フォーマル

オーダースーツの制作は、まず生地選びから始まります。記事は着心地や料金に大きく関わる部分なので、担当スタッフと相談しながら納得のいくものを選ぶようにしましょう。また生地は着用するシーンによっても違ってくるので、そこも含めて考えるようにしましょう。生地が決まったら、次にデザインを決めていきます。ボタンの種類や形状、全体的なシルエットやデザインなども決めていきます。その後は、裏地決め、採寸、型紙作成、地伸し……といった感じで進んでいきます。プレスに入るまでに仮縫いは2回ほど入ります。プレスが済んだら、検針及び検品が行なわれ、最後に試着(フィッティング)となります。これがオーダースーツの制作の主な流れです。最後のフィッティングでどこかに違和感を覚えるようなことがあれば、それが解消されるまで担当スタッフと調整を繰り返しましょう。

オーダースーツを制作、着用できるのは成人男性だけではありません。専門店によっては、こども用のオーダースーツの制作も行なっています。ジャケットからパンツに至るまで、その子の身長や体格にピッタリの一点もののスーツを作ってもらえます。オーダースーツで制作したスーツは、入学式や七五三などで着られます。大人になれば当然着られなくなりますが、思い出の品としてずっと残せます。丈夫性に長けたオーダースーツだからできることです。こども用のオーダースーツを手がけている専門店は国内にいくつも見られるので、インターネットを中心に情報を集めてみるとよいでしょう。